埼玉県蕨市中央2-16-24 1F

蕨駅 の三谷歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

蕨市にある、歯科・歯医者。歯科一般から、インプラント、義歯、ジルコニア、歯周病など行っています。

HOME診療方針医院紹介アクセス・診療時間診療案内

院長による健康情報

デジタル診察券 導入開始

  • 院長による健康情報こちらから
  • お問い合わせ・メールはこちらから
  • 蕨駅 の三谷歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

マイクリニック

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  院長による健康情報»  現代食の問題点

現代食の問題点

現代食の問題点

現代社会の食生活の問題点は、いろいろありますが整理して考えてみましょう。

食物アレルギーの問題

現代の子どもたちには、卵・牛乳・米などに対するアレルギーの子どもが多くいます。離乳食の時期が早くなったこともアレルギーの原因ひとつですが、卵や牛乳などの動物性蛋白質はともかく2000年以上前から食べているお米に対するアレルギーなんて何か変だと思いませんか?お米その物に対するアレルギーの子どももいますが、大部分の子どもは、お米の中に含まれる農薬や科学肥料などの科学物質がアレルゲンとなっているのです。お米アレルギーのテストの抗原に用いられるお米は、無農薬有機栽培のお米ではないので、アレルギーテストでお米に陽性と出た子どもでも大半の子どもは、無農薬有機栽培のお米には、アレルギー反応を示しません。

卵アレルギーや牛乳アレルギーもお米アレルギーほどではありませんが、卵や牛乳そのものに対するアレルギーよりもニワトリや乳牛の飼育に使用する輸入飼料の残留農薬や狭いところでいっぱい飼育するため伝染病に罹りやすいのでその予防のため飼料に入れる抗生物質や成長を早めるために飼料に入れるホルモン剤などの科学物質に対するアレルギーの方が多いのです。その証拠に卵アレルギーだ牛乳アレルギーだという子どもたちの中にも、抗生物質やホルモン剤を入れない無農薬の自家配合EM飼料で飼育したニワトリや乳牛のEM卵やEM牛乳には、アレルギー反応を示さない子どもたちが数多くいます。

牛肉・豚肉・鶏肉など動物性蛋白質の取り過ぎは、生活習慣病予防にはよくないことは周知の事実ですが(このことは、私の考える理想の食生活の項で述べますが)どうせ食べるのであれば、生協や生活クラブなどの抗生物質やホルモン剤を入れない自家配合飼料で育てた肉の方が美味しくて安全でしょう。

骨粗鬆症にみられる問題

日本人は、カルシウム不足なので骨粗鬆症が多いと言われてますが本当なのでしょうか?日本は火山国なので土壌にカルシウムが少なく採れる作物にもカルシウム含有量が少ないのです。日本人のカルシウム摂取量は、長年340㎎~380㎎でしたが、戦後近代栄養学の導入による食生活の欧米化により欧米のカルシウム摂取量1000㎎/日を目指し1960年代はじめの牛乳普及運動の結果600㎎になりました。最近の子どもたちはすぐ骨折するし、更年期以降の女性に骨粗鬆症が多いのはなぜでしょうか?

私は、日本人の顎骨と歯列の変遷を調べるために京大や東大で縄文時代・弥生時代から昭和初期までの多くの人骨を調査しましたが、その時ある先生が言った'昔の人は、老齢期でも不思議と骨粗鬆症なんてほとんどみられないんですよね!'という言葉が忘れられません。いくらカルシウムの摂取量が多くてもカルシウムが骨に吸収されるのに必要なマグネシウムが不足していたりカルシウムの骨への吸着を阻害する砂糖や食品添加物に多く含まれるリン酸を多く摂取しているとカルシウム不足となり骨粗鬆症となってしまうのです。つまり骨粗鬆症の原因は、カルシウム摂取不足というよりマグネシウムの摂取不足や砂糖・リン酸の摂取過剰ということになります。また、運動不足もカルシウムの骨への吸着を阻害する原因となります。

また、青少年の砂糖やリン酸の摂取過剰によるカルシウム不足は、骨折の原因となるだけでなくイライラして情緒不安定となり家庭内暴力や校内暴力の原因にもなるという説もあります。

砂糖は、虫歯の原因になるだけでなく骨粗鬆症の原因にもなりますし、砂糖の消費量と生活習慣病の発生率は正の相関関係にあることは、常識となっていますが、マスメディアで砂糖の害について取り上げることは、砂糖に関係する大企業の政治力によりタブーとなっているそうです。

農薬・化学肥料づけの農作物の栄養価の低下の問題

農薬と化学肥料を大量に使用する近代農業は、労働力の省力化と生産性の向上には、偉大なる効力を発揮しましたが、長年化学肥料を使用していると土壌内の微生物が激減して土が痩せてミネラルやカルシウム不足となり生産される農作物の栄養価もだんだん低下しているという報告があります。北海道の農業試験場の調査データによるとホウレン草のビタミンC含有量は、30年前100mg/100g・13年前65㎎/100g・現在13㎎/100gと報告されています。他の野菜もビタミン含有量は、30年前の平均20%に低下しているとのことです。

こういうことからも30年前と同じかそれ以上のビタミンの含有量を誇る無農薬有機栽培の野菜を食べた方が安心だと思います。また現代食では、どうしても野菜不足になりがちなので天然の無農薬有機栽培の原料から精製されたニュートリション(栄養補給食品)を利用するのもいいかもしれません。

参考文献

身土不二を考える
エコロジカル・メディスン食養生
ニュートリション健康法
島田彰夫 無明舎出版
こざわ博樹 綜合ユニコム
平沼一良 ダイヤモンド社
 

2013-02-19 09:21:57

 
PAGETOP