埼玉県蕨市中央2-16-24 1F

蕨駅 の三谷歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

蕨市にある、歯科・歯医者。歯科一般から、インプラント、義歯、ジルコニア、歯周病など行っています。

HOME診療方針医院紹介アクセス・診療時間診療案内

歯槽膿漏

  • 院長による健康情報こちらから
  • お問い合わせ・メールはこちらから
  • 蕨駅 の三谷歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

マイクリニック

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  歯槽膿漏

歯ぐきから血が出たら、歯周病のサイン!?

歯周病は、プラーク(歯垢)の中に棲む歯周病菌の増殖によって起こります。進行すると歯ぐきや歯を支える顎の骨が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。

実は、日本人が歯を失う原因の第1位とされている歯周病。大切な歯を守るためには、わずかな症状も見逃さず、できるだけ早く歯科医院に相談することが大切です。

歯周病の進行段階

歯周病はむし歯と同じく初期には自覚症状がありませんが、徐々に歯ぐきからの出血や、歯のグラつきといった症状があらわれます。

進行段階 状態 症状
歯肉炎 歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きはじめ、赤く腫れます。まだ痛みはありませんが、ブラッシング時や硬いものを食べたときに、出血することがあります。

歯周ポケットの深さ: 正常~3mm

軽度歯周炎 軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、歯ぐきの弾力がなくなります。顎の骨が溶けはじめ、出血したり痛みを感じたりします。

歯周ポケットの深さ: 3~6mm

重度歯周炎 重度歯周炎

歯ぐきや顎の骨がかなり冒され、歯根が見え、歯はグラグラに。出血が増して膿も出て、口臭がひどくなります。この状態を放っておくと、歯が抜け落ちます。

歯周ポケットの深さ: 6mm以上

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係歯周病は全身疾患とかかわりの強い病気だと言われています。歯周病菌が血管を通って全身をめぐり、糖尿病や心臓病、肺炎、早産などを招いてしまうのです。また、糖尿病については、お互いの症状を悪化させるという、負の相互関係にあります。

口腔内だけにとどまらない歯周病の治療は、早めが肝心です。免疫が低下しがちな高齢の方は、特に注意してください。

メインテナンスの重要性

むし歯と同じく歯周病も進行すればするほど治療は難しくなります。治療を短期間で簡単に終わらせるには、早期発見・早期治療が肝心です。日頃から定期検診に通い、大切な歯を守りましょう。

また、歯周病は一度かかると再発するリスクが高くなる病気です。治療後には生活習慣の見直しや適切なブラッシングを心がけるとともに、歯科医院できちんとメインテナンスを受け、再発を防ぎましょう。

定期検診について詳しくは、「むし歯・歯周病にならないようにしたい」をご覧ください。

PAGETOP