埼玉県蕨市中央2-16-24 1F

蕨駅 の三谷歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

蕨市にある、歯科・歯医者。歯科一般から、インプラント、義歯、ジルコニア、歯周病など行っています。

HOME診療方針医院紹介アクセス・診療時間診療案内

診療方針

  • 院長による健康情報こちらから
  • お問い合わせ・メールはこちらから
  • 蕨駅 の三谷歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

マイクリニック

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  診療方針

診療方針について

基本理念・・・「必要最小限の治療で最大限の効果を!」

顎偏位症(咬合不全病)について

顎偏位症(咬合不全病)といって咬み合わせ(顎位)がズレることによって全身に様々な症状が出るというやっかいな病気があります。
咬み合わせと全身症状との関連性については、10年以上前からマスメディアにいろいろな情報があふれ、多くの方が認知することとなってます。 しかし、この病気は、日本全身咬合学会という学会も設立され最近やっと解明されつつある病気で、治療法もまだ完全には確立していません。
従って、どこの大学病院へかかっても、なかなかうまく治らない場合も多いというのが現状です。
私は、1989年から市波治人先生の顎偏位症の研修会(3年間)に参加したのをきっかけに顎偏位症を専門に研究しています。
多くの研修会に参加し多くの先生方から様々な教えを頂き、現在では、市波理論を基礎とし藤井佳朗先生の藤井式筋力テストを用いた咬合治療を導入し、治療成績も上がってきていますが、残念ながらまだ全ての患者さんを治せる状態ではありません。
一方、顎偏位症の原因となる咬み合わせのズレの50%以上は歯科治療によって生じると言われています。
そこで当院では、咬み合わせに細心の注意を払った治療を第一に考えています。

(1) なるべく咬み合わせをズラさない様に治療する。

冠一本かぶせるだけでも咬み合わせがズレることがある為。
又咬み合わせはズレてしまうと元に戻すのはとても大変である為。

(2) なるべく歯を削らない様に治療する。

歯を多く削れば削る程、咬み合わせがズレる可能性が高くなり、又歯自体も弱くなる為。

(3) なるべく麻酔をしないで歯を削る。

歯の神経を守るには、麻酔をしないで削った方が良く、後々しみたりすることも少なくなるので、我慢できる範囲の痛みの場合は麻酔をしません。(詳細は後述します)

(4) なるべく神経を取らない様に治療する。

神経を取ると歯自体弱くなり、又異常を感じづらくなる為。

(5) 予防・管理に力を入れる。

どんなにきちんとした治療をするよりも、治療をしなくて済む様にした方が良いことは明らかな為。

(6) 原則として完全予約制とする。

歯を長持ちさせるには、ていねいに時間をかけて治療しなければならない為。ただし、強い痛み等がある方は随時受付けます。

歯科治療には、我々医療スタッフと患者さんとのお互いの理解と協力が必要です。
何卒、当院の治療方針を御理解いただく様お願い申し上げます。
尚、当院の治療方針を御理解いただけない方は、申し訳ありませんが他院をお当たりください。
以上、不明・疑問な点がありましたら個人メールにて遠慮なくお尋ねください。

顎偏位症(咬合不全病)で起こる場合もある症状
  • 原因不明の歯痛・肩凝り・首の凝り・偏頭痛・後頭部痛
  • 背中の痛み・腰痛 ・腕,手のしびれ ・下肢のしびれ
  • 坐骨神経痛様疼痛・本態性高血圧・低血圧
  • 手足の冷え ・生理痛 ・ニキビ
  • めまい・片側の耳鳴り・乗り物酔い・便秘・慢性の下痢・視力異常
  • 飛蚊症・チック症・蓄膿症・鼻づまり・痔・水虫
PAGETOP